日野ニュース紙 2010年1月号一面 破魔弓工房 鈴藤の記事 
破魔弓工房 鈴藤 製造作品その二 オリジナル特撰品
■ 破魔弓関係の資料
■ 「玉童」歌舞伎人形の世界
破魔弓工房 鈴藤
五月人形・鯉のぼり
極上天覧品
匠 シリーズ
大型破魔弓
中型破魔弓1
中型破魔弓2
小型破魔弓1
小型破魔弓2
ミニ破魔弓1
ミニ破魔弓2
破魔弓のルーツ
弓矢の行事
羽子板のルーツ
株式会社 鈴 藤(すずとう)

東京都日野市日野本町7−10−8
TEL  042−581−0111
FAX  042−581−8288

◆ 破魔弓へのお問い合わせ


◆ 案内図はこちらです。

甲州街道 日野警察署,立日橋方面日野一中通リ
■ 鈴木藤隆(すずきふじたか
■ 昭和23年10月7日生(1948)
■ 株式会社 鈴藤(すずとう)
■ 破魔弓製造38年、第五代目  節句人形工芸士
■ 東京都日野市日野本町7-10-8

suzutoo.1043@gmail.com

TEL 042-581-0111 FAX 042-581-8288
■ 四代目 藤次 大正10年9月 7日生 先達の破魔弓を発展させ、手描き鯉のぼりは絶品でした。
■ 五代目 藤隆 昭和23年10月7日生 本物志向「匠」や神威光厳、本陣など新作を多数輩出中
新春男児五歳以上十二歳迄の者に弓矢を贈り,手製の弓矢で空にむけ放った。
天覧品破魔弓は鈴藤三代目が新たに創作した逸品です。
2002年当時の破魔弓工房「鈴藤」の作品です。大型破魔弓「神威光厳」「龍神」「本陣」などが人気でした。
■ 三代目 藤重 明治10年5月 4日成 破魔弓「天覧品」を創作した職人、神輿にもこだわりがありました。
社団法人 日本人形協会会員
■ 一代目 定吉 人形製造は嘉永(190年前)初代、破魔弓製造を始める。
■ 二代目 藤吉 安政 3年9月13日生 詳しい史料はありませんが模写や手描きの製作図面があります。
破魔弓飾り
人形専門店 鈴藤
2002年破魔弓カタログ
いいちこ誌掲載 破魔弓遊び
昭和八年工房記念撮影
◆◆◆ 案内図はこちらです◆◆◆
◆2017年 破魔弓工房 鈴藤 製造作品の一部です。クリックすると拡大表示されます。
第五代目 鈴木藤隆
破魔弓工房 鈴 藤 ヒストリー
■ 史料から寛文年間頃を基点に定めています。
羽子板飾り
ひな人形
日野 春夏秋冬
■破魔弓 は男子誕生のお守りとして正月に飾られます。

歴史ある天覧品破魔弓から鈴藤オリジナル「匠」シーリズまで破魔弓専門に各種製造しております。

■2008年1月NHK BSハイビジョン アインシュタインの眼「弓道」番組内に弊社破魔弓が登場しました。

匠シリーズ「匠 壱分之壱」と「匠 参分之壱」
■鈴藤は男子誕生のお守りとしてお正月に飾る破魔弓製蔵の専門メーカーです。

破魔弓は魔除けの意味で平安時代朝廷では鳴弦の儀式が行なわれ鎌倉、江戸時代に武家や町人の間に男子の初正月のお祝いに破魔弓を飾る習慣が生まれ悪魔を追い払い男の子が健やか育つようにとの願いが込められています。

株式会社 鈴藤 代表取締役 鈴木藤隆 
    
「天覧品」は昭和八年皇太子誕生に際し、昭和天皇が埼玉縣に於いて天覧されたもので、昭和ー平成と製造中の鈴藤オリジナル特撰破魔弓です。
写真の破魔弓は昭和8年皇太子誕生
を記念して創作した天覧品です。
人形専門店「鈴藤」五月人形・鯉のぼりのページです。
日野 春夏秋冬
■ 破魔弓カタログ1989年版
昭和八年当時の工房にて 手前左が破魔弓工房「鈴藤」三代目 鈴木藤重
最終更新日 2017年10月5日
人形専門店 鈴藤 ひな人形のページです。
破魔弓工房 鈴藤のページです。